2017年8月7日月曜日

近況


・これ、どういうことかわかる人少ないと思うけど(まぁ一人くらいか。)、、、














・ 9/2sat 天満のカフェバーbamboo clubにて、シンガーソングライターでピアニストの恵&かにたまちゃんの2マンにギターやうたで参加します。







オープニングアクト的に、僕主導の定岡弘将(drum)とのduoもやらせてもらいます。 30分ほどですが、久々のリーダー。緊張します。構成を模索中。 

 ほっこりと、でも心が澄むような、かと思えばときに電撃が走るような恵ちゃんとかにたまちゃんの素の音楽。いつも共演が楽しみです。

  ぜひお越しください!



 






・僕もギター・ノイズボイスなどでゲスト参加させてもらったセロニアスモンク大学の2枚組アルバム「SEMODAI2」絶賛発売中です。



関西のタワーレコード各店舗にも大きく展開していただいている模様。
7 twitterより
【JAZZ】関西発、新たな表現でモンクスミュージックを追求するバンド"セロニアスモンク大学"のリーダー/ドラマー、定岡弘将さんご来店☆ありがとうございます♪ 今週発売された注目の2nd ALBUM「SEMODAI 2」、ぜひご試聴ください!



(不思議な髪型やなぁ)


リーダーの定岡弘将(さだおか ひろまさ)が2年間を費やして自宅スタジオで録音編集作業を行った、大傑作です。タワレコ、アマゾンなどでも購入できます。ぜひお買い求めください。

 また、僕から直接購入頂くと、枚数限定ですがさらにおまけdiscもついてきます。まだ数枚手元にあります、ご希望の方はご連絡ください。



定岡弘将blog




セモ大、アルバム発売ライブも敢行中。
9.6(水)の神戸BIG APPLEでは僕も久しぶりに合流させてもらいます。
ぜひ足を御運びください。




今後のライブ予定(8.8更新)

(※MC....ミュージックチャージ,music charge)


ご予約・お問い合わせ
reservation,for more info :

shotaronozu.info (at mark) gmail.com


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



8.16(wed)北川秀生trio+1 @池袋 フラットファイブ
野津昌太郎(gt) 北川秀生(wb) 服部正嗣(ds)


special guest: 加藤一平(guitar)

open 19:00 / start 20:00        MC 1500円




8.26(sat)@渋谷宇田川町某所
vocal白川可奈子
guitar野津昌太郎
白川可奈子・自作曲&ジャズスタンダード
18:00~ (1時間程度)
charge 1500yen(1drink付) + 投げ銭
ご予約→




8.30(wed)@元町 Cafe萬屋宗兵衛 
Jazz Standard Of Monochrome

定岡弘将drums
浅井良将saxophone
野津昌太郎guitar
石川翔太bass




8.31(thu)
@神戸Big Apple
Discommunication ensemble

drums 定岡 弘将
sax當村邦明

guitar 野津 昌太郎
bass井上 歩 

[開場/開演] 19時/19時30分
[料金] 前2,000円・当日2300円 +1Drink order
[会場]神戸市中央区山本通3丁目14-14ト-アハイツB-1
 TEL (078) 251-7049





9.2(sat)お昼@天満bamboo club




恵(vocal)
かにたま(vocal)
野津昌太郎(gt)
井上歩(bass)
定岡弘将(drums)








9.6(wed)セロニアスモンク大学+1@神戸Big Apple








9.13(wed)北川秀生trio +1@池袋 フラットファイブ
野津昌太郎(g) 北川秀生(wb) 服部正嗣(ds)

special guest 佐藤浩一(piano)

open 19:00 / start 20:00        MC 1500円




無題

怖い。

ライブの宣伝をした後、憂鬱な気分に襲われる。

ライブの宣伝をすることで、その後苦しむことになるケースがよぎるからだ。




恐竜のように、ふいに自分の前へ現れては、ぼくの精神を蝕んで行く存在がある。

ずっと、どうにかならないかという可能性を探っては、また元の木阿弥に戻り、

年月が経つうちに、ライブの準備や練習をしているとき、その存在がふと頭によぎると、

倦怠感や吐き気や、ネガティブな気持ちが心を覆って、手につかなくなるようになった。



事情をしっている周りの人は、まぁ仕方ないよ、とか、それが世の常だ、という様なことを言う人が大半。


自分が変わらなければと思い、意識を変えることも繰り返したが、それでも過去に蓄積されてきた、気持ちの渦はいまも自分の中にいる。



自分の心の弱さや、力の無さ、相手の意識、関係性、すべてが絡んで、ぼくは今、この苦しみと生きている。


あるとき、インターネットで検索したら、 同じ想いの人たちがいて、心がやすらいだ。
あなたは悪くない。

あるとき、出逢った人で、同じ想いの人がいて、心がやすらいだ。


今、同じ気持ちを抱えながら、まわりからは共感されず、いき場所の無い人たちの心にむけてうたを書いている。


自分に負ける気は全くしない。のんびり屋だけど。





















2017年6月8日木曜日

make some noise!!!!



 1か月ほど前、川越にある喫茶店で、その美しい色彩の装丁から

 なんとはなしに手にとった本。


(写真はネットより拝借)

 とても優れた本だと思います、ぜひ一度読んでみてください。


 




 高校に入ったころからテレビを見なくなった。


 ・CMの挟み方が見てる人を小馬鹿にしてると思えることがふえてきたこと、
 
 ・あるある大辞典(ねつ造スクープになる前から僕はこんな検証インチキだって断言してたよ)、

 ・生放送生演奏番組は、自分の好きだったバンドをふくめ、9割くらいのグループが
 弾いてる振り(まぁまぁギター弾けるようになった頃に否応なしに気づく。)


  ぼくはたぶん、嘘に対してかなり不寛容だった。昔はメルヘンボーイだったからより嘘や真実でないものを強く嫌悪してきた。(歳の功で色々と寛容になってきてはいる)

 
 そして、今の時代。

 嘘か本当かも、他人任せにする人がおおいようだ。相変わらず、なのか、ますます、なのか。



 政治(←我々全員でつくるものですよ、国会でやることは印象よりもとても小さな意味なはず)、健康、消費の仕方(どこかの国の貧しい誰かに過酷労働させてできたモノを、安さにとびついて買う日本、、)、戦争、平和、、、、 何もかも。


    オーーーーーイ!!


 
  他人になにかを頼ることは生きて行く上で不可欠だ。


だけど、悪い方向に進んで行くものごとに対して、キモチ悪いと思いながら意見をゆだねてしまって、ただ、傍観しているって悲しいと思う。


そこに横たわっているように思えるのは、「無力感」「タブーな印象」「権力にNoということへの恐怖感」 「Noと言わなければ自分はそんな悪いことにはならないだろう」


それらすべてからくる終着点は、考えることをやめてしまうこと、自分の意志を目の前の大きな悪にもゆだねてしまうこと。

 
しかしまぁ、貧困もなく社会への問題意識も感じず温和な家庭で少年期を過ごした自分がどうしてまぁこうも、と感じるが、やっぱり僕にとっては「これが普通」としか思えないんだな。


 生き方は音楽から学んだと思ってるから、
 
 どうしてもこの、偽りと、その先にある不幸へと向って行く社会に反しても、

 真実へと向っていかざるをえない。


 
 
 
 音を愛する人たちよ、優しさとともに声をあげよう!

  あべさん、いつでも家吞みしにきてください。


  自分への声援もこめて make some noise!!!!